上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは簡単なことだと思います。

お世話してもらったのに、お礼をする人が少なくなったから。

私も二人ほど、友人、知人を世話してまとめたことがありますが、
お礼どころか・・・・・(以下自粛)。

ビックリしたのは、親御さんも電話ひとつ、かけてこなかったこと。

世話するって、意外とお金もかかるんです。
連絡費、交通費、当日時間を割いて、うんぬん、うんぬん・・・・。
なかなか決められない当事者のお尻も叩き・・・・。

でも、決まっちゃえば、それが「当たり前」なんですね。
これはやっぱりどうかなと思います。

よく、お見合いおばさんがいなくなったのは、人間関係が希薄になったから、というけれど、
縁談でなくとも人にお世話になったら、「ありがとう」、っていうでしょう。

聖心女子大卒の同時通訳さんに知り合いをお世話した時には、まとまらなかったけど、
フォションのジャムをいただきました。
友達なんだから、こんなもんでいいんですよ。

大事なのは、心遣い。

ちなみに私がお見合いしていた時には、
両親の友人、知人の紹介であった時には、3万、
父の上司の場合には10万。

当日のお茶代、お食事代も含むので、それほど高いとは思いません。

で、成婚した時には2~30万。

結婚相談所と、それほど変わりません。
http://news.biglobe.ne.jp/economy/1104/mnz_121104_3919226909.html

親御さんの気持ちに付け込む悪徳結婚相談所、
許せません!!!

ただね、ここで考えていただきたいのは、
子どもに結婚してほしい→即、結婚相談所

って、これ、どういう思考回路かな?

やっぱりね、最初は、自分の友人、知人に声をかけたほうがいいと思います。
お子さんにもちゃんと話をして。
「結婚したくない」
というのは、何か理由があるから。

そこ、きちんと話し合ってほしいです。
だいたい、男性の場合は自分に自信がないってこと、意外とあります。
そのあたりのデリケートな気持ちは、考えてくださいね。
ボビー・ブラウン がお勧めです。
上品に仕上がります。

化粧映えのしない長女、大学生になるとき、ボビーに連れて行き、お試しメイクをしてもらいました。
びっくりするくらい、きれいになりました!
で、一番大切なことですが、
上品 だったんです。

成人式前撮りの時に、吉澤美容室で使っていたのも、ボビーでした。
やっぱり、上品だから、というお答えが。

前撮りのヘアメイク、着付け、写真(もちろん、いとうさんです)ともに大満足の出来でした。

品がいいというのは、大切なことです。
特に婚活では。
http://www.d-fantasista.net/column1/post_10.html

これ・・・・、明らかに私がモデルですね・苦笑

お金が絡むことに、無断で引用されるというのは心外です。

藁をもつかみたい心に付け込む業者もたくさんいます。
気を付けてくださいね。
せっかくきれいに撮った写真、いつも持ち歩きましょう。

で、紹介してくれそうな人を見つけたら、その写真を見せる!
口で「結婚したいです~」なんて言っても、相手は調子よく流すだけ、って、案外あるもんです。

写真を見せれば、「お、本気ですね」と本気度をアピールできる。
で、お見合いに持ち込みましょう。

親ごさんも、息子さん、お嬢さんの写真を持ち歩き、「いい人、いませんか」と、見せましょう。
恥ずかしいことじゃありません、
昔の親は、みんなやっていたことです。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。