上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この回答から学ぶものは、実際多いと思います。

美人の代名詞のように言われるクレオパトラ、実は言われているほどの美女ではなかった、という史実があります。
彼女の魅力は、何か国語も自在に操り、どんな相手をも魅了する会話術、知性だったそうです。
エリザベス・テーラーの映画でも、妖艶なお色気たっぷりに描かれているけど、あれはエジプトを滅ぼした後のローマのプロパガンダみたいです。戦争に負ければ、何言われても仕方ありませんしね。

お金持ちと結婚している女性たち、実は自分でもそれなりに稼げる女性たちじゃないかというのが、私の推論。
そうではなくとも、個性や知性がある女性たちだと思います。

考えてもごらんなさい、
シーザーももちろんのこと、100万ドル以上稼げる頭のいい男たちが、美貌とスタイルだけがウリのお姐さんを相手にしていたら、すぐに飽きる。
同じレベルで会話できて、自分もいろんな刺激を受けられるような女性でないと、長くは付き合えません。
結婚は、生活ですから。

そして、個性や知性は劣化しない。
年を経るごとに、利息が付いて増える(磨かれる)ことはあっても。

ここから導き出される答えは、
いい男は、お人形さんを求めてはいない。ってことです。

CEOのお言葉を待たずして、日本にはこんな格言があります。
美人は三日で飽きる。
スポンサーサイト
よく言われることですね、
結婚とは、男性の経済力と、女性の美貌の交換って。

それを勘違いした10人並み程度の女の子たちが、精いっぱい背伸びして美人のつもりで婚活に励んでいるのを見ると、痛々しく感じるのは、私がおばさんだからかもしれませんが。

こんな記事がありました。
25歳美女「お金持ちと結婚したい」に、的確すぎる回答
http://media.yucasee.jp/posts/index/9477?oa=ymr6025

私は今25歳、50万ドル以上の年収の男性と結婚したいと考えています。
今まで25万ドルの男性と付き合ったことはありますが、それ以上の男性とご縁がありません。
そこで質問です。

お金持ちの奥さんたちはなぜ、見た目が普通の人が多いのでしょうか。
お金持ちはどうやって結婚する女性を選ぶのか、またどういう人が結婚向けなのか。



これに対し、米大手銀行CEOがこう答えた。
私の年収は100万ドル以上なので、あなたの求める条件は満たしているでしょう。
けれども私は、あなたと結婚しません。

あなたは美しさをお金を交換しようとしているのです。
Aさんが美しさを差し出すその対価として、Bさんはお金を払う。

Bさんのお金はなくならないけれど、Aさんの美しさはいずれは衰えます。
Bさんの年収は年々増えるけれど、Aさんが年々きれいになることはない。

あなたの資産は今後10年で、驚くほどに劣化しているでしょう。
あなたは、資産としてはレンタルしたほうが賢明です。
私たちは、あなたと結婚せず、デートだけする。

お金持ちと結婚することは忘れて、自分で年収100万ドル稼いでお金持ちになったほうがいいでしょう。
こちらにコメントいただいているゆっこさんから以前、
彼女の地元では、結婚式だけ出席の頼まれ仲人50万、
お見合いからのお世話だと、100万という話を聞いてびっくりしましたが、

母の友人のお嬢さんが、東大医学部卒のお医者様と結婚した時、
恋愛結婚ですよ、だから頼まれ仲人
医学部の教授に仲人をお願いして、100万! だったそうです@@。


「婚活」の言葉の生みの親、山田昌弘教授は、
「婚活という言葉が独り歩きしている。
婚活ブームは、結婚情報産業を肥大化させてしまった」

と、後悔なさっているそうですが、

昔のお見合いでも、紹介、成婚のお礼はしたわけですし
いろんなしがらみもうっとおしい場合もあったし。

なので、結婚相談所のほうが、さっぱり割り切れていい
しかも値段もリーズナブルだし
って場合もあります。
これは簡単なことだと思います。

お世話してもらったのに、お礼をする人が少なくなったから。

私も二人ほど、友人、知人を世話してまとめたことがありますが、
お礼どころか・・・・・(以下自粛)。

ビックリしたのは、親御さんも電話ひとつ、かけてこなかったこと。

世話するって、意外とお金もかかるんです。
連絡費、交通費、当日時間を割いて、うんぬん、うんぬん・・・・。
なかなか決められない当事者のお尻も叩き・・・・。

でも、決まっちゃえば、それが「当たり前」なんですね。
これはやっぱりどうかなと思います。

よく、お見合いおばさんがいなくなったのは、人間関係が希薄になったから、というけれど、
縁談でなくとも人にお世話になったら、「ありがとう」、っていうでしょう。

聖心女子大卒の同時通訳さんに知り合いをお世話した時には、まとまらなかったけど、
フォションのジャムをいただきました。
友達なんだから、こんなもんでいいんですよ。

大事なのは、心遣い。

ちなみに私がお見合いしていた時には、
両親の友人、知人の紹介であった時には、3万、
父の上司の場合には10万。

当日のお茶代、お食事代も含むので、それほど高いとは思いません。

で、成婚した時には2~30万。

結婚相談所と、それほど変わりません。
結婚は生活に直結したものではなく、オプションになったことで、ある種
ぜいたく品になりました。

結婚難民の出現は、必然と言えるでしょう。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。